注目キーワード

インフルエンザ対策の手洗い、うがいの怪?

「インフルエンザが猛威を振るっています!!」

風邪やインフルエンザの話を毎日聞きます。身近にもインフルエンザにかかっている人が増えています。

インフルエンザも風邪も昔からこの時期は流行るもの、学級閉鎖も私も何度か経験しました。

手洗い、うがいの徹底、

ショッピングセンターやスーパーの入り口、所々に消毒液が置かれ、街行く人はみんなマスク。

私はこれに少し違和感を感じています。

手洗い、うがいが1番の予防、

本当でしょうか?

マスクが菌を予防しますか?

入り口に置いてある消毒液、なんでも消毒液をかけると安全なのか、あの液は何なのか、わかって使っていますか?

部屋の中はファブリーズをすれば清潔なのでしょうか?

菌を予防するマスクの使い方をするならば、マスクは1時間おきに変え、使用済みのマスクは触らないように手袋をして取り、すぐポリ袋に入れてゴミ箱へ。ゴミ箱に入ったマスク、落ちているマスクは触りません。

そして・・・

そのマスクは何で出来ていますか?ケミカル(石油製品)マスクを当て、呼吸をしていて、安全なんでしょうか?

そっちの方がよほど心配です。

手洗いうがいをそこらじゅうで当たり前にアナウンスされているその言葉、私は疑問を感じます。

マスク、ケミカルマスクの危険はないのでしょうか?使い捨てのマスクは紙でも綿でもありません。綿のマスクをつけている人はほとんどいません。石油製品を口に当て、そこから身体に取り入れている。布ナプキンをうたいながら、マスクしている人、たくさんいますが、口も粘膜から入る経皮毒はないのでしょうか?

それについて言う人はあまり聞きませんが、あれは大丈夫なんだろうか、といつも思います。

余談ですが、気になるのは

道によくマスクが落ちていること。

マスクって無くしたら、「あー、落としちゃった、ま、いいか。」となりますが、落ちたマスクを毎日見るあの不快感…

ご飯を食べるのに外したマスクをテーブルに置いているのにも不快感を感じます。そのとったマスクをまた着けているのは全く効果ないです。しかも、つけるときにマスク面を手で触ったら、菌をつけて故意につけているようなもの。

でも、しないよりマシ…

本当ですか?

手洗い、うがい、マスク、毎日聞くこのアナウンスで本当に予防しているのかはよくわかりません。

私なら、

なによりも体力をつけることに気を配ります。うつらない、うつっても発症しない、

「重症にならない体力をつけておく。」

それには

きちんとしっかり食べる。

しっかり寝る。

身体を適度に動かす

ですかね。

高齢の方や乳幼児は

この時期はショッピングセンターや

人混みのある場所に極力連れて行かない、に限ります。

出来る限りの予防は出来たらいいですが、

手洗い、うがい、マスク、予防接種

それだけを過剰にアナウンスされるこの季節に毎年違和感を覚えています。

よく食べ、よく寝る

水分はしっかり取り、

規則正しく生活する。

もう一つ気をつける、といえば、暖房はエアコンよりも、足元暖房にすること。

暖房による乾燥で喉からの菌の侵入をしやすくさせてしまいます。部屋は湿度を保つ工夫も必要ですね。水分補給も有効かもしれません。

何よりも体力作り、規則正しい生活、栄養のある食事。心がけていきたいものです。

それにしても、春が恋しいですね。

Follow me!