注目キーワード

朝ごはんはフルーツ

5年前、フェイスブックを始めた頃、毎日投稿しよう、と決めて書いていたのが「朝ごはんはフルーツ」シリーズ(笑)。

小さい頃、「朝ごはんを食べる」ということをかなり厳しく言われ、私も子供に遅刻してでもご飯は食べなさい、と言ってきました。

「朝ごはんはフルーツ」は主に大人の女性への提案です。子供たちや、男性、高血圧や、血糖に支障のあるたかには向きませんが、身体のメカニズムと食事をリンクさせることで、代謝から栄養補給まで、無駄なく効率よく動くようになります。イコール、アンチエイジングにも、スキンケアにも、体力的にも、健康にも効果があることが理解出来ますね。

身体は1日の中で体を維持するための働きが変わります。現代社会は日が昇ると活動し、日が沈んだら休む、という体内時計とは逆行するような生活を余儀なくされることも多いですが、ストレスを溜めず、健康を維持するには自然に沿った食事や睡眠が望ましいです。

日々な生活に体が慣れてしまうので、その自然な身体の働きは注意していないとわかりにくくなってしまいますが、自分をいたわり、自分の身体の声を聞き、身体のサインに注視すると、それはよくわかるようになります。

身体の働きは1日で3つの働きに分かれています。

朝はデトックス。身体の要らないものを積極的に出してくれるのは朝です。

朝、スムージーにしたり、一杯のお水を飲むのもその朝の体の働きをサポートする効果があるからです

朝は酵素をしっかり摂り、体の中の不要なもの、悪いものを排出する、その働きは朝こそ活発になるのです。

そして、昼は本格的に活動が始まる午後のためにエネルギーを取り入れるように体が動きます。身体はエネルギーを燃やす働きが活発になるので、エネルギーになるものを積極的に取り入れていい時間です。

夜は睡眠中に皮膚の再生、脳を休める、体を作る、などの働きが活発になります。そのために体を作る栄養素をしっかり取るのが夜。タンパク質、ビタミン、ミネラル、など、ですね。

体の働きに合わせて食事を摂るのが一番効率的です。なので、朝はデトックス、代謝を助ける食材を摂る、それにふさわしいのがフルーツなのです。

フルーツは糖分や水分も多いですが、寝ているときに失われた水分の補給、そしてすぐに活動するエネルギーに変換しやすい果糖を摂るもの朝にはふさわしい。

そして、何よりもさっぱり、美味しく、爽やかな気分をもたらしてくれますね。フルーツのカラフルな色は、元気にさせてくれます。

時間がない時も、そのまま食べられるフルーツは朝ごはんの最適な食材なのです。

それからもう一つ言えば、時間がないときにスムージーやフルーツジュースは簡単に酵素が取れる最適アイテムですが、できるだけ時間をとってそのままのフルーツを食べていただきたい。なぜなら、「噛んで食べる」ということも、朝の大事なカラダの働きを助けることになるからです。

しっかり噛むこと、出来れば食感のしっかりしたものを食べる。これは噛むことで脳を活性化させ、やる気を起こさせる、また、幸せホルモンの分泌にも効果があると言われています。噛むことは様々な効果があります。ダイエット効果、判断力アップ、認知症予防、消化をよくし、ダイエット効果、フェイスラインを綺麗にする効果やたるみ防止効果も。

食感があり、水分はたくさんあってみずみずしい、そして甘くて美味しいフルーツを朝ごはんに食べるといい効果はたくさんあります。

ぜひ、朝ごはんの取り入れて、楽しく美味しい1日のスタートを始めてくださいね。

Follow me!